DearGloss ネット関連と節約生活

wordpress・スマートフォン・SEO・節約生活・もしもドロップシッピング・アフィリエイトなど

Word Press

投稿した記事に自動で目次を作ってくれるプラグイン [ Table of Contents Plus ]

投稿日: この記事は約2分で読むことができます。


Table of Contents Plusとは?

Table of Contents Plusは、WordPressの記事に自動で目次を作ってくれるプラグインです。投稿した記事が長文になった場合やプラグインやアプリケーションのインストール・設定などの手順書を記事にした際に便利かと思います。

目次は、h1,h2,h3,h4,h5 のhタグが目次となります。例えば以下のようなタグの場合は

Table of Contents Plusを利用すると以下の目次が自動で生成されます

tocp00

Table of Contents Plus インストール

・管理画面より「プラグイン」→「新規追加」をクリックします

pingp01

・検索窓に「Table of Contents Plus」と入力しEnterキーを入力します

tocp01

・検索結果一覧から「Table of Contents Plus」を選択し「今すぐインストール」をクリックします

tocp02

・「プラグインの有効化」をクリックすればインストールが完了ですtocp03

Table of Contents Plus 設定

・「設定」から「TOC+」をクリックしてTable of Contents Plusの設定画面を開きます

tocp04

・設定画面は以下のようになります。

tocp05 tocp06

表示する場所 目次を挿入する場所を選択できます
表示条件 目次を表示する条件を選択できます。Hタグが何個以上なら表示するなど設定できます
筆者の場合は、3個以上の場合に表示するようにします
次の投稿タイプのときに表示 どのタイプの投稿した記事の場合に表示します
筆者の場合は、post(通常の記事)の場合に表示する
見出しテキスト 目次のタイトルの設定できます
筆者の場合は、以下のようにしました
・目次の上に見出しを表示を「目次」
・表示テキストを「表示」
・非表示テキスト「非表示」
階層表示  目次に階層を表示するか設定します
番号振り  目次に番号振りをおこなうかを設定します
スムーススクロール  スムーズなスクロールできるかを設定します
デザイン  目次のデザインを設定します
筆者の場合は、デザインを「White」を選択しています

Table of Contents Plus 使い方

Table of Contents Plusの使い方は、目次を挿入する箇所に以下のコードを記事内に挿入します

 

-Word Press
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デフォルトのアイキャッチ画像設定プラグイン [ Default Thumbnail Plus ]

アイキャッチ画像を設定しなくても、デフォルトのアイキャッチ画像を設定できたり、タグ・カテゴリーでのアイキャッチ画像を設定できるプラグイン「Default Thumbnail Plus」を紹介します ア …

phpMyAdminを利用してWordPressのパスワードをリセットする

ブラウザにパスワードを保存していて、ブラウザにキャッシュとかをクリアーして間違ってパスワードもブラウザに保存していたパスワード初期化も初期化してしまいました。 ほとんどの会員サイトなどはログインID・ …

投稿記事の読む時間の目安を表示する方法

概要 他のブログの記事を見ていると、投稿記事の更新日付などが表示されている部分やタイトル付近に、この記事は〇〇分で読めますなど表示しているブログがあります WordPressでは、そのようなプラグイン …

WordPressで表(テーブルタグ)を挿入する方法

目次1 概要2 TinyMCE Advancedを利用する場合3 TinyMCE Advanced インストール4 TinyMCE Advanced での使用方法5 テーブルタグを生成できるジェネレー …

ウェブマスター ツールの構造化データエラー「author がありません、updated がありません」[BizVektor]。

アクセスが大幅に落ち込んでいるので、Googleウェブマスター ツールで設定やエラーを見なおしていると、構造化データを選択すると、Wordpressで作ったサイトで下記のエラーが大量に表示されています …

アーカイブ

最近のコメント