WordPressで表(テーブルタグ)を挿入する方法

概要

WordPressで表(テーブルタグ)を挿入する方法を紹介します。
1個はTinyMCE Advancedというプラグインを利用する方法と、テーブルタグを生成できるジェネレーターツールを紹介します。

前者はプラグインのインストールが必要で、後者はプラグインのインストールが不要です。

TinyMCE Advancedを利用する場合

TinyMCE Advancedを利用するにはプラグインのインストールが必要ですので、インストール方法を紹介します

TinyMCE Advanced インストール

・管理画面より「プラグイン」→「新規追加」をクリックします

Auto_Post_Thumbnail01

tma01

・検索窓に「TinyMCE Advanced」と入力しEnterキーを入力します

tma01

・検索結果一覧から「TinyMCE Advanced」を選択し「今すぐインストール」をクリックします

tma02

・「プラグインの有効化」をクリックすればインストールが完了です

tma03

TinyMCE Advanced での使用方法

TinyMCE Advancedをインストールして記事を投稿する画面にして、「ビジュアル」にするとエディタ部分にアイコンが増えていると思います。筆者がよく使うボタン(アイコン)の説明します。

他にも色々と機能がありますので興味がある方はGoogleなどで調べてください。解説しているサイトは沢山あります

t01 文字を太字にしたり解除したりします。strongタグです
t02  文字を斜めにしたり解除したりします。emタグです
t03 引用タグを使用するときに使用します。blockquoteタグです
t04  リストタグのを使用するときに使用します。ul,liタグです
t05 番号付きのリストタグのを使用するときに使用します。ol,liタグです
t06  文字を左寄せ、中央寄せ、右寄せにするときに使用します。left, cente, rightのタグです
t07 文字のリンクの設定・解除を設定するときに使用します 。aタグです
t08  表を挿入するときに使用します。tableタグです
t09  段落を使用するときに使用します。h1~h6タグです
t10  インデントを設定・解除を設定するときに使用します。
t11  文字色を変更するときに使用します。font colorタグです

・今回は、表を挿入する方法ですので、表のアイコンを選択します

tma04

・「テーブル挿入」→「作成したい表を選択」すると任意の箇所に表が選択できます

tma05

 

テーブルタグを生成できるジェネレーターツール インストール

テーブルタグを生成できるジェネレーターツールを利用する場合は、プラグインの設定は入りません。

テーブルタグを生成できるWEBページを紹介します

TW01 Web便利ツール/テーブルタグ作成ツール – TAG index Webサイト

テーブルタグを生成できるツールです。表の大きさや背景色、行数と列数、文字揃えなどを設定することができます。

テーブルの表示を実際に確認しながら、各種設定を行うことができます。設定を完了したコードはテキストエリアに表示されるので、それをコピーしてします。

生成できる表は、「列数」は1~20、「行数」は1~100の範囲で指定できます

背景色について
「表全体の背景色」 … 枠線を含めた背景色
「セル全体の背景色」 … 枠線を含めない背景色
「見出しの背景色」 … 見出しの列(行)部分のみの背景色

 TW02 Table Tag Generator | HTMLの表を簡単に作成・結合ツール。テーブルタグジェネレーター

Table Tag Generator は、見たままの操作で直感的にセルを結合することができるGUIツール

Word Press

Posted by admin